水のごとくに(山田無文老大師のことば)

水のごとく よどみなく、さらさらと 流れたい。
どんな良いことがあっても、どんな悪いことがあっても、
うしろをふり向かずに、前へ前へ、さらさらと流れたい。

左右の岸にどんな美しい花が咲いておっても、
どんなに楽しく小鳥が鳴いておっても、
その美しさをほめながら、その楽しさをよろこびながら、
足ぶみせずに流れよう。

流れる水は凍らぬとか、流れる水は腐らぬとか、
それが生きておる、ということであろう。

田畑をうるおし、草木を養い、魚を育てながら、決して高きを望まず、
低い方へ低い方へ、水の流れる如く、わたくしも流れたい。

 

体の健康   心の健康〜自由   心の健康〜般若心経